子供の教育費を知って、いつまでにどれだけ貯金するか目標を立てる

子供の教育費っていったいいくらかかるの?

子供が生まれる!将来のことを考えて貯金しなくちゃ!と思っても、なにから始めればよいのやら。
最適な貯金方法を調べて、どの銀行、保険会社にするかを検討して……の前に。
こどもの貯金って、いつまでにいくら必要なのかがさっぱり分からなかったので、とりあえず子供の教育費をまず調べてみました。

文部科学省の学習費調査(平成26年度)によると。
幼稚園から高校まで全部公立だと、約143万円。逆に全部私立だと、約438万円。
うーん、私立だと3倍も学費がかかってしまうのですね。我が家の経済状況だと、高校までは公立で行ってほしいなあ。

さて、問題は大学進学です。
もし我が子が勉強を頑張って、国立大学に進んでくれた場合。4年間で約350万円。国立でもなかなかかかりますね……。

では、私立大学に進んだ場合。4年間でなんと約643万円。
筆者自身も大学は私立出身なので、これを調べながら両親に感謝しました。

まとめてみます。

オール国公立の場合     : 875万円
オール私立の場合      :2,419万円
高校まで公立、大学は私立  :1,168万円
中学まで公立、高校大学は私立:1,345万円

教育費といえば、こども1人につき1,000万円、なんて言いますけど、オール国公立なら1,000万円を切るんですね!
ただし、大学が遠方で一人暮らしをすることになると、年間100万円はとんでいきそうです……。
習い事や塾に通うお金を加味すれば、もっとかかりそうですしね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下、よければ参考になさってください。
統計資料をもとに筆者が計算したので、多少計算が間違っているかもしれません。
だいたいの目安としてくだされば幸いです。

【幼稚園(3年)】
公立 66万円
私立 150万円

【小学校(6年)】
公立 192万円
私立 924万円

【中学校(3年)】
公立 144万円
私立 402万円

【高校(3年)】
公立 123万円
私立 300万円

【大学(4年)】
初年度納付金(授業料と入学金)
国立 82万円
私立 115万円

授業料
国立 268万円
私立 528万円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつまでにどれだけ貯金するべき?

じゃあ、子供が幼稚園に通いだす前に、1,000万円貯めるぞー! なんて、世の中簡単にはいきません。
高校までは、公立であればまとまったお金が必要になることもなさそうなので、日々の家計から捻出して問題なさそうです。

問題は大学に進学するときです。
まずはじめに、入学金と授業料1年分を合わせた初年度納付金を払わないといけませんし、毎年の授業料もばかにならず……。

こどもが高校生になり進路を考える時期には、大学進学に必要なまとまったお金を用意できていると安心なようです。

つまり、子どもが17,8歳のときには、300~500万円くらい貯金があればよいのかな。
18年で300万円なら1ヵ月14,000円ずつ、500万円なら24,000円ずつ。そう考えると無理ではなさそうです。
問題は貯金方法ですね。

次⇒「子供の口座を開設したい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.human3.com/blog/%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e6%95%99%e8%82%b2%e8%b2%bb%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%81%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ab%e3%81%a9%e3%82%8c%e3%81%a0%e3%81%91%e8%b2%af%e9%87%91/trackback/

PAGE TOP